硬膜スリープと、直立2足歩行(1)

硬膜スリープ!

たぶん、医療関係者でさへ、聞きなれない言葉だと思う。もしかしたら、初めて聞く言葉かも、、、、?

なにしろ、検索エンジンにひっかかってこない。

さて、この、聞きなれない硬膜スリープとは何なのかを、これから書いていこう。

いきなりだが、硬膜スリープとは、簡単に言うと、背骨の中にある脊髄や馬尾神経が脊髄神経根になり、それが末梢神経になって、全身にくまなくネットワークを張り巡らすのだが、背骨から出てくる唯一の中枢神経である脊髄神経根を包んでいる硬膜由来の神経間膜の形のことを言う。

この形状なのだが、いったん尾骨側に降下したのちに、頭方に向かうのだが、このU字形上のことを硬膜スリープという。

この、硬膜スリープが、直立2足歩行を行う上において、大きな障害となりうるのだ。

ラディキュロパシーという考え方がある。
これは、脊髄神経根障害という概念である。
背骨の外に出てくる、唯一の中枢神経である脊髄神経根が、何らかの障害によって、機能異常を起こし、それによって、さまざまな身体の不調を招いてしまう。というものなのだ。

このラディキュロパシーの矯正を行うときに、非常に重要になってくるのが、硬膜スリープなのだ。

長くなったので、以下次回!

営業日時とご予約連絡先

名古屋駅(名駅)FOA名古屋駅本店 営業日時

月曜~土曜日  10:00 ~ 14:00 / 17:00 ~ 20:00
祝日      10:00 ~ 14:00
定休日     木曜・日曜
※当院は予約制になります(当日予約可)

052-564-0150 ご予約・お問い合わせはこちら

アクセスマップ

≫ アクセスマップページを見る

〒450-0002
愛知県名古屋中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル10階 8,9号室

JR名古屋駅より徒歩5分

ページの先頭へ