10月, 2011年

ヒト歩行プロセス講習会

今日は、アドバンスの最後の3回。ヒト歩行プロセス講習会の第1回。座学でした。 いやぁー、疲れました。 しかし、非常に熱の入った講習会になったと、自分では思っています。

テンセグリティー 脊椎動物の機能構造

テンセグリティー テンセグリティーとは、バックミンスター フラー博士が提唱した構造体のことをいう。 鋼材と張力により構成される構造体のことだ。 脊椎動物の身体こそ、テンセグリティー構造である。 ここがわかっていない矯正技術がいかに多いことか。 このテンセグリティーを実感できるものこそ、傘である。 傘を開いたときに、表面積は大きくなるにもかかわらず、その重量は

進化系矯正手法 FOA

FOAは、すごい勢いで進化していく矯正手法だから、なかなか本を書くことができない。 まさか、脊椎動物の機能構造がつかめるなんて! ああ、悩ましい矯正手法です。 しかし、脊椎動物の機能構造である、テンセグリティーが完全に理解でき、生物としての脊椎動物の生き残り戦略を完全につかめた。 これにより、より心地よく矯正することが可能になった。 矯正効果も抜群だ! 本当

耳を澄ます!

ブッタが、最後に残した言葉 自灯明・法灯明 これを、簡単にいうと 耳を澄ます 僕は、特別なヒトでは決してない。 僕は、ただ、耳を澄ましているだけだ。 耳を澄ます。 それは、ただ、ヒトを見つめることから始まると、僕は信じている。 耳を澄ましていると、いつも、こういう声が聞こえてくる。 「はぎ取って、はぎ取って、残るものは何か。」 「生命とは何か。脊椎動物とは何

久しぶりに大感動!まだ、本編は見てないが、この歌だけで泣ける!

マルモのおきてなんか鉄板テーマーで、もろ泣けるストーリー。この手のドラマはやばい。まだ、本編は見ていないが、あらすじだけで泣いてしまった。じつは、昨日聞いていたラジオから、この歌に出会ったのです。マルマルモリモリ名曲です。

マルモにやられた!

マルマルモリモリ! なぜか泣ける! この歌を聴くと、 「あっー、療術師になって、よかったな!FOAを作れて、よかったなー」 って、感じる! ヒトから喜ばれる事を仕事にして、ヒトのことのみ考えて、そのヒトが、 「どのようにしたら、よりよい生活が送れるようになるのか。」 だけを、生活の中心に据えて、考察と思索、そして、実験と研究に没頭でき、しかも、それらすべてが

脊椎動物の生き残り戦略!テンセグリティー!

脊椎動物の生き残り戦略を、完全に理解できた! それは、テンセグリティーだ! テンセグリティーとは、木の棒などの硬い物質(圧縮材)と、ゴムなどの張力材を組み合わせて形成される構造体のことをいう。 脊椎動物の規定物質は、コラーゲンとヒドロキシアパタイトだ。正確に言うと、鮫から後の脊椎動物の規定物質になるが。鮫以前は、コラーゲンとコンドロイチン硫酸だ。よく、鮫軟骨

脊柱テンセグリティー・メソッド!ソリッドに効く!

脊椎動物の運動と生命の基!脊柱に対する矯正手法が確立してからというもの、もう、半端ない状態になっている。 その矯正は、気持ちよく、ぽかぽかで、うとうと。 で、あーらふしぎ、痛みが取れる。 僕たち脊椎動物は、本来自由で、伸びやかで、しなやかで、軽やかで、ぴちぴちで、ぽかぽかで、うとうと、なのです。 360度、全方向自由! 序列も差別も争いも、脊椎動物のほ乳類に
1 / 212
ページの先頭へ