5月, 2010年

シリーズ!ストレスと腰痛肩こりの関係-ハンスはどS!?2

さて、ハンスはどSの2 ストレス学説の生みの親、ハンス セリエが、ストレス学説を発見するきっかけになったのが、彼が18歳の時。病理学の授業で、診療病棟を病理学の教授と一緒に巡回中の時、彼はあることに気がついた。 それは、「たとえ病気が違っても、起こる症状はみな似てる。」ということだった。これを担当の教授に説明を求めたら、「それが病気なんだ!」と一蹴された!こ

成功は最短でつかめ!

FOA(Fascial Orthotic Approach)は、矯正手順が標準化されています! まさに、健康への高速道路! そう、型! いい本があります。 個性を捨てろ!型にはまれ! 腰痛肩こりに悩むみなさん!解消の高速道路は、用意されています! 乗ってください!

ストレスと腰痛肩こりの関係1

ちょっと、ストレスについて書いていこう!ストレス!ありふれた言葉!誰でも知っている! では、誰が言い始めたの? あなたは知っている? 誰が最初に言ったのか? ちょっと考えてみて?あるいは調べてみて?

ストレスと腰痛肩こりの関係2

ストレスについて2, ストレスは、ハンス セリエという生理学者が初めてとなえた学説のことをいいます。 ストレス学説 ここで、ほとんどのヒトは、ストレスとストレス反応をごっちゃにしています。 いま、僕の書斎の本棚から、ストレスについて書かれた本を取りだしてみると、ほとんどの本が、このストレスとストレス反応を正確に記述した本が、ほとんどない。 ハンス セリエが唱

ストレスと腰痛肩こりの関係3

ストレス・ ハンス セリエが唱えたストレス学説をわかりやすく説明していきますね。 僕たちの体には、恒常性の維持機能という機能が備わっています。 恒常性の維持機能=ホメオスタシス くわしく説明しますね。 あの、僕たちの体温は、脇の下で測ると、だいたい、36,5度くらいですよね。ほぼ毎日一定です。これを基礎体温といいます。この、いつも、体温を一定の状態に保つ力。

ストレスと腰痛肩こりの関係4

もともと、ストレスという言葉は、物理学用語でした。 何か物体にかけられた力=ストレス たとえば、板を用意する。その板の上に乗ると、板はしなりますよね。板の上に乗ると、乗ったヒトの体重が板にかかる。この板にかかった力が、ストレス。 ストレス学説のストレスの定義をここでしましょう。 ストレスとは、生体が生きていく上に置いて、恒常性の維持機能を行うことを妨げる力。

ストレスと腰痛肩こりの関係5

ストレスとは、生き物の生存を脅かす力のことである! ここまではいいですね。 ここからが、ハンス セリエのすごいところ。 そのストレスが、(ここでは哺乳動物)生体に加わると、その力の如何に関わらず、起こる反応はたった一つである。 ことを、証明して見せたのです。 簡単に言うと、種々雑多な入力に対する出力応答は、一つである! 生命現象とは、入力に対する出力応答であ

ストレスと腰痛肩こりの関係6

なんか、ストレス №が、めんどくさくなってきました。ストレスシリーズでいきます。で、いろんな副題を付けることにします。
1 / 3123
ページの先頭へ